SEO対策 ブログ関連 初心者向け 収益化

【SEO】ブログを運営する上で一番大切なこと【本質を捉える】

2020年7月10日

スポンサーリンク

皆さんこんにちは。

今日はタイトルの通り、
ブログを運営するにあたって
一番大切なことは何か。

記事の執筆、テクニック、SEO対策
ブログ運営では様々なことに
対応していかなければなりません。

 

重要な項目はたくさんあるのですが、
その中でも一番これが重要だ、大切だなって思う
本質的な部分についてお話ししていきたいと思います。

 

こんな方におすすめ

  • ブログを始めたて・これから始める人
  • PV数が伸び悩んでいる人

1.記事のクオリティ

 

早速、一番本題であり
本質的な部分から。

いわゆる結論からお話していきます。

 

ブログ運営で一番重要なことは
「クオリティ」です。

クオリティとは品質、質を表す単語ですが、
ブログの場合は記事の中身になります。

何当たり前のこと言ってんの??
ってなるかもしれませんが

意外とここを見落としている方がたくさん。

 

ブログ運営ってやること
多いじゃないですか。

・記事を書く
・webページの改良
・SEO対策
・情報収集
・SNS運用

やることをあげればキリがないくらい。

 

ブログを初めてまずやることって
だいたいどの記事を読んでも

記事を100本書きましょう
SEO対策をきっちりしましょう
PV数を増やしましょう

大体こんなことが書かれています。
確かに間違いではありません。

 

ここで一つ質問。
皆さんがブログをされている理由ってなんでしょうか?

 

色々理由はあると思うのですが
おそらくこのブログを見にきて
頂いている方々の多くは
「収益化」
目指されているんじゃないでしょうか。

 

僕も実際に「収益化」を図って
場所や時間に縛られることなく
海外で悠々自適に生活をしたい。

だからこそブログで収益をとる
ことを目指して運営しております。

Photo by John Guccione www.advergroup.com on Pexels.com

 

「お金を稼ぐ」ために色々やってます。
そのためにいろんなテクニック・情報を駆使する。

皆さんもそうですよね?

しかしながら
PV数を増やすために努力をしている
記事を100本書くために努力している
フォロワーを増やすために頑張っている

そういった方をよくお見かけします。

 

それの何がダメなの??
って思う方もいるかもしれません。

「本質」が大事。

一つ例えば話をしましょう。

 

オープン仕立てのラーメン屋さん

 

ラーメン屋を繁盛させるために
当然色々な施策を打ったりして
努力をします。

当然成功させたい。

 

SNSマーケティングをしっかり勉強して
SNSからの集客力も増加。

新商品を開発しまくって
メニュー数もどんどん増加。

新規のお客さんがどんどんくる状態、
売上も順調にアップ。

しかし、
しばらくすると売上が伸びない頭打ちの状態に。

なぜ??
マーケティングも頑張って
努力もしっかりしているのに。

 

理由は一つ。
ラーメンの「味」
クオリティ、質の部分です。

 

ラーメン屋の店主は
集客数をアップさせるために
マーケティングの勉強や
SNS映えのための商品作りに力を入れた。

でも、肝心のラーメンの味、こだわりに
力を入れなかった。

マーケティングも
しっかりやってるし、
商品の数も多い。

しかし、
肝心のラーメンがまずいと
新規のお客さんは来ても
ファンにはなってくれません。

話題性だけで来店して
二度と来ない。

 

ブログで言う所の

商品=記事
来客=PV数
マーケティング=SNS運用、SEO対策

こういったところにあたりますが、

いくら小手先のテクニックでPV数を稼いだり、
記事を100,200とたくさん書いたところで

 

ラーメンの味=記事の内容

 

記事の内容がよくないことには
意味がないんです。

 

記事をたくさん書くために頑張る
PV数を増やすまくるために頑張る

違います。

ブログを通じて収益を上げるため
にやってるんです。

 

100人の方が100回記事を見てもらうより
10人の方に50回記事を見てもらう方が価値があります。

PV数をある程度稼いだところで
読者が記事に魅力を感じなければ
本質的に意味はありません。

価値のある記事だ、また来よう!!
こういったファンを作らなければなりません。

 

そうするためには何より
ブログの本質である
記事の質を上げる必要があります。

100本書くのも大事だし、
SEO対策ももちろん大事です。

しかしながら「記事の質」これがありきの話です。

 

ここは絶対に忘れてはいけません。

 

なんのためにブログ運営をしているか。
これを常に念頭に置きながら
運営をすれば本質からずれることがありません。

 

またグーグル自体が発表している内容で

ユーザーがコンテンツを見つけるまでのところは
Google
にお任せいただき、皆様にはユーザーの役に立つ魅力的なコンテンツを作ることに集中していただきたいのです。

引用元:コンテンツクリエイターの方々のお役に立つために   

とあります。

要するに
グーグルが良い記事と認めたものに関しては
優先表示しますよ。

ってことなんです。

 

いくらネットに載っている
他のSEO対策を万全に施したとしても
記事自体がペラペラなものだと意味がありません。

逆に言えば
記事に内容をしっかりとしたものにすることが
最大のSEO対策に繋がるということになります。

注意ポイント

記事をたくさん書いても評価の低い記事が多ければ
サイト自体の評価が下がる可能性があります。

 

合わせて読む
【ブログ初心者必見!!】スラスラ読める記事作成のコツ5点!! 【SEO対策にもなります】

「読者が読みやすい記事」の作り方に ついてお話しできればと思います。 読みやすい記事=ブログの滞在時間をUPさせる 逆に読みにくい記事だと離脱率はUPします。 この記事の内容を実践すれば最後まで読まれ ...

続きを見る

 

 

2.読者目線で考える

この項目では「需要」「ニーズ」について
お話していきたいと思います。

皆さんは記事を執筆する際に
どんな記事を書くことが多いでしょうか。

おそらくは自分の得意とするジャンルのものが
多いのではないかと思います。

自分が書きたい記事を書く。
実際そういった方が大半だと思います。

しかしながら
自分が書きたい記事=読者が読みたい記事とは
限りません。

 

何が言いたいかと言いますと
「自己満足」の記事になっていませんか?

 

読者がブログを読む際は
おそらく何か調べたいことがあったり、
詳しく知りたいことがあって
検索をしたりSNSからリンクを踏んで
ブログに辿り着くわけです。

当然そこに需要がないと
ブログに辿り着く人はいません。

 

また、たどり着いたとしても
内容自体が薄く、
読者が知りたい情報がなかったり
するとすぐに離脱してしまいます。

 

読者が読んで勉強になった、
すごく価値のある情報だった。
気になっていることが全て解決できた

こういった価値提供が必要になります。

 

書きたいことを書くのではなく
読者の要望を満たすためのブログを書く

自分目線ではなく、読者目線
記事を執筆することが大事になってきます。

 

需要を無視して自分目線の記事を書いた場合

  1. 需要を無視してブログを執筆
  2. ユーザーから評価されない
  3. グーグルから評価されない
  4. 検索結果に表示されず、PV数が伸びない
  5. やる気がなくなりブログをやめる
    もしくは、記事本数が足りないからと勘違いして執筆をし続ける

 

需要を考え、読者目線の記事を書いた場合

  1. 需要を考えてブログを執筆
  2. ユーザーから評価される
  3. グーグルから評価される
  4. 検索結果に表示され、PV数が増える
  5. ユーザーがファンとなり、他記事も読み始める
  6. やる気がアップして更に良質な記事を執筆し続ける

需要を念頭に起き、
読者に価値のある情報を提供し続ける。

 

これが良い連鎖となり、結果として
アクセス数が伸びていきます。

そうすればやる気がアップし更に良質な記事を量産。

もちろん逆のことをすると・・・

自分目線ではなく
読者目線で執筆していきましょう。

参考

キーワードに需要があるかどうかは
グーグル広告のキーワードプランナー
使用すれば月間の検索ボリュームを調べることができます。

 

3.まとめ

・記事のクオリティ、品質を意識する
・記事の本数、SEO対策は品質ありき
・自分の書きたい記事=読者が読みたい記事とは限らない
・需要、ニーズを考え、読者目線に立つ
・読者に価値を提供することができればアクセス数は伸びる

 

ブログで一番大切なものは
小手先のテクニックや記事の数、SEO対策ではありません。

難しく考える必要は全くありません。

単純に良いコンテンツを提供する。

 

良い記事を書くことに一番力を入れることが
ブログを伸ばすコツです。

 

読者に価値のある情報を提供できるか。

そのためにはニーズを把握し、
読者に価値を感じさせる「質」の高い記事を執筆する必要があります。

それ自身が最大のSEO対策にもなります。

 

記事を書くことに捉われ、
低品質な記事を100,200本書いても

ユーザーの評価を下げ、
結果グーグルの評価を下げるだけです。
そうすれば一向にアクセス数は伸びません。

 

仮にアクセス数がたくさんあったとして
ユーザーがファンにならない=信頼を得られない

信頼がない状態でどんな商品をPRしたとしても
売上には繋がりません。

 

ここのブログの情報はすごい!わかりやすい!
こういった信頼を得ることで

このブログで紹介されてるんだったら
間違いない!!

ってなれば売上も当然上がりますよね。

 

読者に価値を提供する

信頼を得て、ファンを作る

結果アクセスも増えて、売上も伸びる

ビジネスをする上で
「本質」を捉える

これが非常に重要です。

 

単純なことだけど、
走り出すとついつい見落としがちです。

なんのために記事を書くのか
なんのためにアクセスを増やすのか
なんのためにツイッターをやるのか

今一度しっかり考えてみましょう。

 

一球入魂
ではありませんが
一筆入魂で
頑張りましょう!!!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ほっしー

平成元年生まれの三十路。 会社経営。飲食店8店舗経営後、 コロナで飲食事業撤退。 現在、web業界に転身し、 ビジネスマッチングアプリを運営。 会員数4000名突破。 “時間と場所に縛られないビジネスを展開”

-SEO対策, ブログ関連, 初心者向け, 収益化
-, , , , ,

© 2020 START BLOG Powered by AFFINGER5