SEO対策 ブログ関連 ライティングスキル 初心者向け

SEOと文字数の関係【最適な文字数とは?】

2020年7月13日

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。

記事を書く際に
ブログってみんな何文字くらいの
記事を書いているんだろう。
って気になったことはありませんか?

ツイッターなどのSNSで
今日は4000文字の記事を執筆!!!

なんてツイートを見かけたりすることが
ありますが、

文字数って大事なの???
そんな多い書けないんだけど!!!

そんな疑問にお答えするべく、
ブログを書くにあたって
最適な文字数は何文字か。

またSEOと関係はあるのか?

ブログの文字数に関してのあれこれを
執筆していきます。

こんな方におすすめ

  • ブログのPV数を増やしたい方
  • 記事の文字数が少なくなってしまう方
  • ブログ初心者の方

 

目次

 

1.SEOに文字数は関係あるのか

 1.基本的に関係はない

ほっしー
記事を書くときに、文字数が少なすぎると検索上位に
載らないって聞いたんだけど・・・

 

いえいえ、一概にそうとは言えません。
文字数が多いものより、少ないものが上位に
掲載されているページもあります。

GoogleがSEOについて定義している項目では
文字数は関係ないとされていますね。

しかし、一般的には2000文字〜3000文字が良いとか、
4000文字以上が良いなど、様々な諸説はあります。

実際に検索してみると、
上位表示されている記事だと

3000〜4000字の記事が
大半ですね。

 

 2.結果として多くなる

ほっしー
結局どっちなんだろう?
やっぱり多い方がいいのかな。

 

SEOの観点でみると、
文字数が関与しなかったとしても

記事のクオリティ、
情報の網羅性という項目でSEOとの関係性が出ます。

簡単に言うと、
質の高い記事は上位表示される

読者が欲しい情報が
たくさん載ってる記事は評価される

ここがポイントになります。

 

読者はなんらかの情報を求めて検索をします。

・この料理の作り方がわからない
・この商品の情報が欲しい
・ブログの記事を書くとき、SEO対策をしたいんだけど
文字数って何文字ぐらいがいいのかわからない

Googleに質問を投げかけてるイメージです。

 

その答えをする際に、
より情報が正確、情報量が多いと判断されたページが
上位に表示される傾向にあります。

 

ほっしー
読者がより満足する記事を書いた方が
いいってことだね。

 

はい、その通りですね。
なのでどちらかと言うと

文字数を多くするために
記事を書くのではなく、

読者の満足度をあげるために
記事を書いたら
結果的に文字が多くなった。

というのが実際のところになります。

 

2.文字数を多くするメリット

1.情報量

先ほどの項目で触れていましたが、
文字数が増えれば
たくさんの情報が掲載できます。

情報量が少ないと文字数は少なくなりがちです。

読者は情報を求めて検索をすることに対し、
情報量が少ないと、読者の満足を得ることは
結果として難しくなります。

なのでたくさん書くことは
メリットの一つと言えるでしょう。

 

ただ、文字数を気にするあまり
検索キーワードをかけ離れた文面を
書いてしまうことは避けましょう。

2.オリジナリティ

短文に比べ、自己表現がしやすくなるので
文章にオリジナリティが出ます。

短い文章だと必要最低限・重要なことしか
書かれていないケースが多いので、
パターン化され、同じような記事になりやすいです。

 

文字数が多いと様々な表現が可能です。

読者が求めている情報だけではなく
例え話を加えてみたり、

自分なりの考察を加えてみたりと
自分自身のオリジナティのある記事が
作りやすくなります。

3.滞在時間のup

文字数が少ないとすぐに
読み切ってしまいますよね。

そうするとパッと読んでパッと出てしまいます。

滞在時間が短くなり、
ページ内の回遊率も下がります。
そうするとSEO的によくありません。

 

逆に文字数が多い場合だと
読むのに時間がかかるため、
滞在時間upに繋がります。

 

日本人の平均的な読書スピードは
だいたい500文字前後、
なので2000〜3000字だと
4〜6分ほど。

集中して読める時間が
3〜10分だと言われてますので
問題ありません。

ほっしー
500文字くらいだと1分で
終わっちゃうんだね。

 

そういうことです。

また、文字数が多い記事の場合、
ところどころに関連記事として
別ページのリンクを貼ったりしているケースが多いです。

ブログ内の内部リンクを貼ることによって
回遊率がアップしますので
さらにPV数増加、滞在時間増加

SEOに良いことばかりです。

 

3.文字数を増やすためのコツ

1.構成を作る

ほっしー
記事を書くときに何を書いて
いいかわからないから、いつも適当に書いちゃう

 

記事を作成する際に文章の構成を
ある程度パターン化しておくと便利です。

例えば今回のパターンでいうと

1.挨拶(リード文)
2.こんな人におすすめ(ターゲット)
3.目次
4.見出し1(結論)
5.見出し2(理由)
6.見出し3(対処法)
7.まとめ

 

各所項目すると
読者目線に立ったとき
・単純に見やすくなる
・理解しやすくなる
・疲れにくい

というメリットがあります。
3000字まとめて一文で書かれると
流石に読む気は失せます。

項目を分ければ読みやすいし、
要所を押さえることができるので
理解もしやすくなります。

結果スラスラ読める。

 

筆者目線だと
・タイトルから本文が脱線しにくくなる
・見出しを作るとSEO的に良い
・要点を伝えやすくなる
・文字数をコントロールしやすくなる
・全体が綺麗にまとまりやすくなる

適当に書いていると
最終的に話の着地点が
タイトルと関係なくなったりしやすいです。

脱線してるな〜って記事を
たまに読みますが、

見出しを作って構成をしっかりすれば
脱線はしにくくなります。

他にも項目ごとに説明をするので
要点を伝えやすいし、

文字数に関しても足りないと感じれば
項目を増やして文字数を調整することも
可能です。

 

構成を意識することによって
読者側・筆者側と両者にメリットが
ありますので非常にオススメ。

 

2.読者のニーズ

記事を作る・構成を作る上で
もっとも重要なポイントが
読者のニーズに答えることです。

なので筆者は自分が書きたい記事を
書くのではなく、

読者が知りたい情報を
きっちりと記載した記事を書くことを
念頭に置かなければなりません。

なのでこのページを見たら
あなたの問題は全て解決できますよ!
ぐらいの勢いで記事を書きましょう。

そうすることによって読者の満足度が
上がり、結果的にSEOに繋がります。

読者が知りたい項目をイメージして
どんどん追加していきましょう。

そうすれば自然と
文字数は増えていきます。

ポイント

文字数を増やすために書くのではなく、
読者目線に立って、記事を書くことを意識する。

 

 

4.まとめ

・SEOと文字数に直接的な関係はない。
・結果的に質の良い記事を書こうとすると文字数が多くなる
・文字数を多くすると情報量が増えたり、オリジナリティが出やすい
・結果として滞在時間や回遊率が増えてSEO対策になる
・文書構成を作ると文字数が増えやすい
・読者目線に立つことが一番大事

 

結果として、
文字数が多い方が比較的seoに対する効果は
大きいでしょう。

ですが、
文字数を多くするために
記事を書いてはいけません。

一番大切なことは
読者が知りたい情報をきっちり伝える。
読者が読みやすい記事を心がける。

読者目線に立って
記事を作成することが一番大事です。

いつでも
「本質」を忘れることなく
執筆していきましょう。

以上〜!!!!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ほっしー

平成元年生まれの三十路。 会社経営。飲食店8店舗経営後、 コロナで飲食事業撤退。 現在、web業界に転身し、 ビジネスマッチングアプリを運営。 会員数4000名突破。 “時間と場所に縛られないビジネスを展開”

-SEO対策, ブログ関連, ライティングスキル, 初心者向け
-, , , ,

© 2020 START BLOG Powered by AFFINGER5